「ひふみプラス」LINE証券での取扱いを開始

レオス・キャピタルワークス レオス・キャピタルワークス
スポンサーリンク

「ひふみプラス」がLINE証券での取扱いを開始

2019年11月26日からレオス・キャピタルワークスが運用するひふみプラス」の販売会社にLINE証券が加わったことが発表されました

https://www.rheos.jp/information/news/2019/20191127.html

これで、「ひふみプラス」の販売会社は79社になります。

LINE証券も、厳選した28銘柄(「ひふみプラス」を含む)の投資信託の販売を開始したと発表しています。

スマホ投資サービス「LINE証券」新たに投資信託の取扱いを開始! 業界唯一、全ての投資信託の購入手数料が0円! | LINE Financial Corporation | ニュース
LINE証券株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役Co-CEO:落合 紀貴・米永 吉和、以下「当社」)は、「LINE」上で取引ができるスマホ投資サービス「LINE証券」において、第二弾サービスとして、新たに投資信託の取扱いを本日より開始いたしましたので、お知らせいたします。

LINE証券はどんな証券会社

今回、ひふみプラス」を新たに販売することになったLINE証券はどのような証券会社でしょうか。

LINE証券は、野村ホールディングスLINEが共同で設立した証券会社です。

野村ホールディングスは、証券会社大手の野村證券の親会社です。

そして、通信アプリでお馴染みのLINEが出資しています。

なお、厳密にはLINEの子会社「LINE Financial株式会社」がLINE証券に出資しています。

野村ホールディングスとLINE FinancialのLINE証券に対する出資比率は以下の通りです。

  • LINE Financial株式会社:51%
  • 野村ホールディングス株式会社:49%

LINE証券は100円から投資信託が買える

LINE証券は、2019年8月に営業を開始したばかりの証券会社です。

1株単位という小口で株式投資ができたり、LINEのアプリ上で口座開設や取引ができるという特徴がありました。

これまでは、株式投資のサービスを提供していましたが、投資信託も新たなラインナップに加わりました

LINE証券、投信100円から販売
野村ホールディングスとLINEが共同で設立したLINE証券(東京・品川)は27日、同日から投資信託の取り扱いを始めたと発表した。最低投資金額は100円と低く抑えた。同社専用の3商品を含む28の投信を

そして、販売される投資信託に「ひふみプラス」選ばれたということです。

LINE証券の投資信託サービスについて、以下の特徴があるとしています。

  • 業界唯一!購入手数料が無料
  • 購入額は最低100円からでOK
  • 幅広いニーズに対応した厳選28銘柄
  • LINE証券でのみ取引できる投信信託も
  • 銘柄選びもとてもカンタン

投資信託を少額から購入できるのはうれしいことですが、正直100円でとなるとあまり意味がないかなと思います。

でも、投資初心者が試しに買ってみたい場合などは有効なサービスとも言えるでしょう。

また、LINE証券は厳選された28銘柄の投資信託となっているので、商品を選びに迷いにくいというメリットもあるでしょう。

そして、LINEのアプリで手軽に口座開設、購入ができるわけです。

「ひふみプラス」が買いやすくなったという面では、うれしいニュースです。

タイトルとURLをコピーしました