投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2022に投票しました!

結局、さわかみ投信の今の役員は誰なのか整理してみた

さわかみ投信 役員さわかみ投信

直販投信の老舗というか元祖というか「さわかみ投信」で起きた、ある事件が報道されてしまいました。最高投資責任者の更迭です。

この更迭に伴って、現在の役員が最終的にどうなったのかを整理しておこうと思います。

スポンサーリンク

最高投資責任者の更迭の報道

2022年6月30日、さわかみ投信の臨時株主総会で、最高投資責任者(CIO)の草刈貴弘氏が事実上更迭されてしまいました。

さわかみ投信の公式発表は以下でご確認ください。

https://www.sawakami.co.jp/wp/wp-content/uploads/information/news_20220701.pdf

まとめると、取締役最高投資責任者の草刈貴弘氏と水上成憲氏が取締役から外れるということですね。

加えて、黒島光昭氏が取締役最高投資責任者に就任すると発表されています。

この件は、社員の間でも不満が多かったようです。

誰かがリークしたのでしょうか。週刊誌のネタになってしまいました。

ここでは詳しく取り上げませんので、興味のある人は記事をご覧下さい。

「一番強い思いを持っているのは息子」さわかみ投信“投資責任者の更迭問題” 創業者・澤上篤人氏、社長・澤上龍氏との一問一答 | 週刊文春 電子版
 日本初の独立系投信会社「さわかみ投信」で起きた幹部の“解任”騒動。取締役最高投資責任者の草刈貴弘氏が親会社の「さわかみホールディングス」へ異動となり、取締役直販部長の水上成憲氏は“ヒラ社員”に降格…
さわかみ投信で最高投資責任者が“更迭” 創業者・澤上篤人氏が「5分の2くらい社員は辞めても構わない」(文春オンライン) - Yahoo!ニュース
 日本初の独立系投信会社として知られる「さわかみ投信」(東京都千代田区)。同社の最高投資責任者が、6月30日の臨時株主総会で事実上、更迭されていたことが「 週刊文春 」の取材でわかった。創業者・澤上

分らなくなった経営体制

経営を刷新したとの発表だったのですが、最新の役員体制が発表されていないようです。

そこで、新しい経営メンバーがどうなったのか整理しておきたいと思います。

さわかみ投信の経営体制の推移

まず、2020年10月の経営体制までさかのぼりましょう。

さわかみ投信の旧経営体制(2020年10月時点)

2020年10月号のレポートを見ると、2020年11月から以下の経営体制となると発表されていました。

加えて、2020年6月号のレポートでは、監査役の交替があったことも説明されていました。

そうなると、2020年10月時点の経営体制は以下の通りだと思われます。

代表取締役澤上 龍
取締役最高投資責任者草刈 貴弘
取締役管理部長水上 成憲
取締役熊谷 幹樹
取締役会長澤上 篤人
監査役高橋 浩之
2020年10月月レポートより(監査役は2020年6月月次レポートから)

さわかみ投信の旧経営体制(2021年6月時点)

2021年6月15日の株主総会で、澤上篤人氏が取締役会長を引退するとの発表が出ています。

「退任のご挨拶」として、公式発表がありました。

https://www.sawakami.co.jp/wp/wp-content/uploads/information/20210701_news.pdf

この時点では特に新任の取締役が発表されていませんので、以下の通りの体制になると思われます。

代表取締役澤上 龍
取締役最高投資責任者草刈 貴弘
取締役直販部長水上 成憲
取締役管理部長熊谷 幹樹
監査役高橋 浩之

結局、現在の経営体制は?

そこで今回の更迭事件が起きました。

2022年6月末に、草刈貴弘氏と水上成憲が取締役を突如解任されました。

同時に、草刈氏に代わって取締役最高投資責任者として黒島光昭氏が加わったことが発表されました。

現在のさわかみ投信の経営体制

これまでの情報を総合すると、さわかみ投信の経営体制は以下のようになっていると思われます。

代表取締役澤上 龍
取締役最高投資責任者 兼 運用調査部長黒島光昭
取締役戦略室長熊谷 幹樹
監査役高橋 浩之

随分人数も減ったので、その分スピードアップした経営ができるのかもしれません。

新体制に刷新したと発表したので、その時点で「現経営陣はこれだ!!」って出して欲しいものですね。

100%ではありませんが、これまで公表された情報を総合的に考えると、これが現時点でのさわかみ投信の経営体制だと思われます。

タイトルとURLをコピーしました