ありがとう投信が「定期換金サービス」の拡充を発表

ありがとう投信 ありがとう投信
スポンサーリンク

ありがとう投信が定期換金サービス拡充

2019年12月17日、ありがとう投信が同社の「定期換金サービス」の拡充を発表しました。

ありがとう投信|<定期換金サービス拡充>業界初!定率換金プラン開始のお知らせ

「定期換金サービス」はどのようなサービスであって、どのように拡充されたのか見ていきます。

ありがとう投信の「定期換金サービス」とは

一般に「定期売却サービス」や「定期換金サービス」とは、投資信託の積立投資の逆をやるサービスです。

積立投資の場合は、定期的に一定金額の投資信託を自動購入していくものです。

一方、「定期換金サービス」の場合は、定期的に投資信託を売却(換金)していくものです。

定期換金サービス|国際分散投資ならありがとう投信
国際分散投資のありがとう投信。換金方法「定期換金サービス」について。

ありがとう投信は2006年4月からこのサービスを提供しています。

どのサービスが業界初!なのか?

ありがとう投信はもともとこのサービスを提供していましたが、今回の発表で追加された内容は「定率」での換金取り崩しに対応したことです。

1年に1回、指定した率(2%、3%、4%、5%)が自動的に解約されます。

そもそも、定期で売却していくサービスを提供している会社はとても少なかったです。

その中でも定率の換金サービスを提供している会社はありませんでした。

つまり、定率での定期解約が「業界初!」ということになります。

楽天証券、セゾン投信、ありがとう投信の3社が同時に発表!

定率での定期売却は「業界初!」のはずでした。

しかし、ありがとう投信が発表した2019年11月17日と同じ日に、楽天証券が投資信託の「定期売却サービス」を発表しました。

投信定期売却サービス開始(2019年12月29日より)
保有いただいている投資信託に受取日と受取方法を設定することで、毎月受取日に売却代金をお受取りいただけるサービスです。

楽天証券のサービスには定率での解約が含まれていました。

ありがとう投信が12月17日サービス開始で、楽天証券が12月29日サービス開始なので、一応ありがとう投信が業界初ということになります。

また、同日にセゾン投信も投資信託の「定期売却サービス」を始めることを発表しました。

セゾン投信は計画を発表だけで、来年春頃からサービスがスタートするようです。

直販投信2社の発表が埋もれてしまうかも

今回、ありがとう投信セゾン投信という直販投信の2社が定期解約サービスに関する発表を行いまいた。

業界の中でも新しいサービスなので、先駆けてやっているのはすごいと思います

他の直販投信も追随してくるかもしれません。

しかし、同様のサービスが楽天証券からも発表されました。(しかも、同日に)

直販投信のニュースが楽天証券のニュースに埋もれてしまわないか心配です

楽天証券、セゾン投信が投信の「定期売却サービス」を発表、ありがとう投信は拡充| モーニングスター
『投資信託評価のグローバルスタンダード』...

この記事みたいに、3社とも扱って欲しいですね。

タイトルとURLをコピーしました