「ひふみ年金」八十二銀行のiDeCoで取扱い

レオス・キャピタルワークス レオス・キャピタルワークス
スポンサーリンク

「ひふみ年金」が八十二銀行のiDeCoで取扱い開始

2020年1月1日、レオス・キャピタルワークスの運用する「ひふみ年金」が八十二銀行の個人型確定拠出年金(iDeCo)で取扱われると発表されました。

ご指定されたページは見つかりませんでした | レオス・キャピタルワークス

新年早々にこのようなニュースがアップされていました。

おじさんとしても、直販投信の動きが活発でうれしいところです。

八十二銀行は昨年末に発表済み

なお、八十二銀行のWEBサイトには、昨年2019年12月30日の時点で、発表が掲載されていました。

八十二銀行
長野県の地方銀行、八十二銀行のホームページ。口座開設やインターネットバンキングのご案内、住宅ローン、マイカーローン、教育ローンなどの各種ローン商品、投資信託、外貨預金などの金融商品、このほかさまざまな商品・サービスを提供しております。

商品ラインナップの追加のお知らせで、「ひふみプラス」以外にも以下の商品が同時に取り扱われるようになります。

・東京海上ターゲット・イヤー・ファンド 2035、2045、2055、2065
・東京海上・年金運用型戦略ファンド(年 1 回決算型)

八十二銀行|「確定拠出年金(企業型・個人型)の商品ラインナップ追加について

企業型の確定拠出年金も対象みたい

発表文では、以下のようにiDeCoでの取扱いがスタートすることが説明されていますが。

株式会社八十二銀行にて2020年1月1日(水)よりiDeCo(個人型確定拠出年金)での取扱いがスタートします。

引用:レオス・キャピタルワークス|株式会社八十二銀行「ひふみ年金」iDeCo取扱い開始のお知らせ

しかし、八十二銀行の発表文を見ると企業型の確定拠出年金でも取扱われるようです

どちらにしても、販売経路が広がったのは良いことでしょう。

直販投信を応援する投信おじさんとしては、販売会社が増えるのは微妙な思いもあるのですが。。。

販売経路が広がると言うよりも、投資が広がっていけば一番うれしいです。

タイトルとURLをコピーしました