ひふみ投信、資金流出が12カ月続く。姉妹ファンドは?

レオス・キャピタルワークス
スポンサーリンク

直販投信のひとつ、「ひふみ投信」の資金流出が止まりません。

どれくらいの期間流出が続いて、具体的にどれくらいの金額が出ていったのかを見ていきます。

また、同時に「ひふみ投信」の姉妹ファンドである「ひふみプラス」と「ひふみ年金」の資金流出入も考察します。

ひふみ投信の資金流出が12カ月も続く

さっそくですが、ここ1年間の「ひふみ投信」の資金流出入を見ていきましょう。

以下のグラフを見てください。

投資信託協会のデータより当サイト推計

うーん。なんとも、1年間ずっと流出しっぱなしなわけです。

今年の3、4、5月は、それでも流出額は縮小していたのですが、6月以降は過去最大規模の流出超過が続いています。

1年間でなんと約239億円もの流出超過となります。

姉妹ファンドの「ひふみプラス」はメリハリがある

一方、姉妹ファンドの「ひふみプラス」は、ずっとマイナスだったわけではありません。

投資信託協会のデータより当サイト推計

「ひふみ投信」よりメリハリがあり、出るときは出て行く、入ってくるときは入ってくるという状況です。

これは、販売会社経由であることも影響しているのでしょう。

ただし、すさまじい金額が流出しているのは事実です。

とにかく両ファンドともに、流出が止まりません。

「ひふみ年金」はさすがの安定

「ひふみ投信」「ひふみプラス」には、姉妹ファンドがもう一つあります。

確定拠出年金のために提供されている「ひふみ年金」です。

ひふみ年金 | ひふみ
日本を根っこから元気にする投資信託 ひふみ年金のご案内です。ひふみ年金は、確定拠出年金制度を通じて購入することができるひふみ投信シリーズの商品です。

こちらは、びっくりするぐらい安定的な資金流入が続いています。

投資信託協会のデータより当サイト推計

やはり、年金は積立投資のように毎月拠出金が入ってきますので、安定的な流入に繋がっているのでしょう。

純資産総額は減っていない「ひふみ投信」

ここで、「ひふみ投信」の話に戻ります。

前述の通り、239億円もの資金流出となった「ひふみ投信」ですが、純資産総額は1年間でほとんど変わっていないのです。

2019年8月末 1,247億円
2020年8月末 1,265億円

おかしいですね、資金流出が続いているのに、純資産総額が増えています。

これは、基準価額がこの1年間で上昇したからです。

2019年8月末 43,651円
2020年8月末 53,338円

コロナの影響で乱高下しましたが、結局、基準価額は1万円近く上昇しました。

これに伴い、運用資産も膨らんでいるため、純資産総額が減らずに増えたわけです。

純資産総額だけでは分からない資金流出入

純資産総額が減っていなければ、一見すると運用資産が安定しており、投資家から支持がえられていると思うでしょう。

ただし、ここ1年の「ひふみ投信」のように、純資産総額は増えているけど、実際には多額の資金流出超過となっているケースもあるのです。

資金の純流出はあまり、運用会社は積極的に開示しないのですが、モーニングスターなどで調べることができます。

投資信託が投資家から支持されているかどうかは、必ず資金の流出入を見るようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました