セゾン投信、運用資産総額でさわかみ投信を超す

セゾン投信 セゾン投信
スポンサーリンク

2020年2月18日、セゾン投信の運用する2本の投資信託の運用資産総額が、さわかみ投信の「さわかみファンド」を上回りました。

セゾン投信がさわかみ投信を上回る

2020年2月18日で、セゾン投信の運用資産総額がさわかみ投信を上回りました

セゾン投信の運用資産総額

2020年2月18日付のセゾン投信が運用する2ファンドの純資産総額はそれぞれ以下の通りです。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド 2,049.32億円

セゾン資産形成の達人ファンド 957.61億円

(出典)セゾン投信公式サイト

2ファンドの合計は3,006.93億円です。

さわかみ投信の運用資産総額

同日付のさわかみ投信が運用する「さわかみファンド」の純資産総額は以下の通りです。

さわかみファンド 2,974.25億円

(出典)さわかみ投信公式サイト

セゾン投信が32億円ほど上回る

セゾン投信がさわかみ投信の運用資産総額を約32億円ほど上回りました

セゾン投信は2月13日に運用資産総額3000億円を突破したばかりでした。

勢いがあるセゾン投信は、このとき既にさわかみ投信の運用資産総額は射程圏内だったと言えるでしょう。

販売会社経由を考慮する余地はある

しかしながら、直販投信の2社を比較する場合、純粋に直販分の販売かも考慮しなければならないでしょう

さわかみ投信の「さわかみファンド」は、そのほとんどが直販であると思われます。

でも、セゾン投信の2ファンドは、いくつかの販売会社が扱われているので、販売会社経由での販売もある程度あると推測できます。

正確な数値は分かりませんが、純粋な直販分の残高で比較するならば、さわかみ投信の残高の方が多いかもしれません

顧客口座数では既に大きな差がついている

各社の口座数も比べておきましょう。

セゾン投信 144,595件

さわかみ投信 116,460件

実は、口座数については、ずいぶん前にセゾン投信がさわかみ投信を追い抜いており、その差も広がっています

昨今の顧客数の伸びも、セゾン投信の方が勢いがあります。

直販投信のパイオニア「さわかみ投信」

さわかみ投信は、1999年8月に独立系運用会社として直販投信をはじめました。

その後も、直販投信のリーダー的存在として、直販投信業界を引っ張ってきました。

でも、ここで運用資産、顧客数の双方において後発のセゾン投信に追い抜かれてしまったことになります。

運用資産、顧客数だけが評価されるべきではないでしょうが、さわかみ投信にはパイオニアの意地を見せて頑張って欲しいです。

タイトルとURLをコピーしました