「直販投信」ビジネスの歴史

直販投信
スポンサーリンク

「直販投信」の歴史について説明します。

直販投信は30年ちかく前から存在していましたが、一度衰退し、ビジネスモデルを調整して再び発展をみせています。

「直販投信」ビジネスは30年近く前から存在した

投資信託を運用会社が「直販」する、この販売方法は最近始まったものではありません。

1992年から法律上、運用会社が投資家に向けて投資信託を直接販売することは認められていました。

ですから、1990年代前半から大手金融機関の系列運用会社により、投資信託を直販することは行われていました

直販投信の衰退

この当時の直販投信は、個人投資家向けと言うよりは、法人や機関投資家向けに販売されるものがほとんどでした。

また、顧客からの問合せ対応、目論見書などの郵送にかかるコストが見合わないこという問題があり、各社は直販ビジネスを縮小していきました。

このような経緯で、一度は日本で行われていた直販投信ビジネスは、2000年頃までに大きく衰退していくことになりました

独立系運用会社による「直販投信」

すっかり衰退していった日本の直販投信ビジネスですが、別の動きが出てきます。

独立系の運用会社が直販投信ビジネスをはじめたのです。

その草分けとなったのが1999年8月に「さわかみファンド」の直販をはじめたさわかみ投信です。

しかも、個人投資家向けに財産形成を手助けするビジネスとしてはじめました。

新しい、直販投信がここから始まります。

増える新たな「直販投信」

さわかみ投信が直販投信のパイオニアとしてビジネスをスタートした後、いくつかの独立系有用会社が立ち上がり、直販投信をはじめました

2004年9月にはありがとう投信が「ありがとうファンド」を設定しました。

また、2007年3月にはセゾン投信が「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」と「セゾン投資の達人ファンド」の2本を販売しはじめました。

その後も、いくつかの直販投信会社が立ち上げられています。

現在、8社の独立系運用会社による直販投信の会社が存在します。

  • さわかみ投信
  • ありがとう投信
  • セゾン投信
  • クローバー・アセットマネジメント
  • レオス・キャピタルワークス
  • ユニオン投信
  • コモンズ投信
  • 鎌倉投信

独立系運用会社による個人投資家を対象としたビジネスモデルは着実に成果を見せています。

大手が再び「直販投信」ビジネスに参入

ここにきて、大手運用会社が「直販投信」ビジネスに注目しはじめています。

そして、自ら直販投信ビジネスに参入する動きがあります。

2015年、「三井住友アセットマネジメント(現・三井住友DSアセットマネジメント)」が、大手運用会社で初めて本格的な直販投信事業に進出します。

その後、2019年には、「三菱UFJ国際投信」が投資信託の直販をはじめました。

まだまだ伸びしろがある「直販投信」

2000年以降、直販投信ビジネスは復興を見せています。

しかし、日本の直販投信ビジネスはまだまだです。

公募投資信託の残高で言えば、まだ全体の0.8%程度しかありません。

運用の先進国である米国では、投資信託の直販は主要な販売チャネルの一つです。

日本の直販投信には大きな伸びしろがあると言えるのではないでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました