「ひふみプラス」:販売会社が追加されて76社に

レオス・キャピタルワークス レオス・キャピタルワークス
スポンサーリンク

「ひふみプラス」が販売会社を追加

レオス・キャピタルワークスが運用するファンド「ひふみプラス」の販売会社が追加を発表しました。

ご指定されたページは見つかりませんでした | レオス・キャピタルワークス

これで、「ひふみプラス」の販売会社は合計76社になりました。

結構増えましたね。

新しい販売会社は「大和証券」

2019年10月1日から「大和証券」が追加されています。

ただし、つみたてNISA専用として提供されます。

つみたてNISA | NISA(ニーサ) | 大和証券
大和証券のつみたてNISA(ニーサ)のページ。資産運用に役立つ情報を豊富に掲載しております。未来を見据えた選択。資産運用の第一歩は「ダイワのNISA(ニーサ)」から。

「ひふみプラス」の各種手数料

「ひふみプラス」は、レオス・キャピタルワークスで直販されていいる「ひふみ投信」と同じマザーファンドに投資するため、内容は基本的に「ひふみ投信」と同じです。

しかし、信託報酬が直販の「ひふみ投信」より少し安いという違いがあります。

「ひふみプラス」は購入時手数料に注意!

また、注意しておきたいのが、「ひふみプラス」は「購入時手数料」がかかる可能性があると言うことです。

目論見書を見ると以下のように記載されています。

“申込金額に対する手数料率は3.24%(税抜き3.00%)を上限として、販売会社が定める料率とします。”

「ひふみプラス」交付目論見書

なお、10月1日より、消費税が10%になったので、税込3.3%が上限となります。

大和証券の販売では、つみたてNISA専用なので、購入時手数料がかかることはありませんが、他の金融機関で「ひふみプラス」を購入する場合は、購入時手数料の有無を確認しましょう。

タイトルとURLをコピーしました